社会人になるまで異性とコミュ障だった僕が社会人デビューしてイケイケな男に変身するまでの軌跡

 

私の学生時代、高校生のときに男子校病をがっつり患い、大学時代はロックやサブカルにハマりサブカルくそ野郎として拗らせていた私は女性とのコミュニケーションがかなり下手でした。

いわゆるコミュ障です。女性の目を見て話せません。

アメトーークの『女の子苦手芸人』とかめっちゃ共感します。

そんな私が社会人になってから男子校病を克服し女性とのコミュニケーションが苦ではなくなり多くの女性と枕を交わすまでの過程を書きたいと思います。

ただし、これは実体験ではありますがすべての人が活用できるものではないこと事前にご了承ください。

お洒落だったらモテるわけではない

まず私はイケメンではないです。なんとか雰囲気イケメン目指して頑張ってはいますが。

ただ学生時代からファッションは好きだったのでオシャレにはこだわりがありました。

コミュニケーション能力には自信がなかったのですが、社会人デビューのタイミングでまずはお洒落で他の同期と差をつけてやろうと意気込みました。

仕事もできないのにスーツやネクタイ、バックにこだわるのはもちろんのこと、カフスやネクタイピン、ほのかに香る香水と入社早々すべてを導入しました。

 

ちなみにこのバラの香りがするPaul Smithの香水はザ・香水という感じでもなくアロマぽいので異性からの評判もよかったです。

(ちなみに香水のつけすぎは注意。空気中に吹きかけて手をくぐらせるか、夜寝る前につけて落ち着かせるのがおすすめです)

ただコミュニケーションが下手すぎるので全然モテないし、同期カップルとか周りで誕生し始めているのに自分にはそんな気配もない。

もちろん男女問わず第一印象は大事で、外見がその人の一定基準をクリアしないと彼氏候補にも入れないので身だしなみは大事なのですが、お洒落だったら向こうから寄ってくるとか100%ないです。

芸能人レベルのイケメンでオシャレだったら口下手でも可能性があるかもしれませんが、普通のコミュニケーションも取れないような男はキツイなと社会人デビュー早々に悟りました。

外見だけじゃなくてコミュニケーション能力、男は特にそれが大事です。

(社会人、特に婚活になると仕事のステータスとか財力とか別の要素もあるけどそれは一旦置いておきましょう。。)

キャバクラ、ガールズバーで特訓

そんなこんなで冴えない社会人1年目を過ごしていたある日、寒くてコートを着ていた記憶があるので冬でしょうか。

当時の上司が会社の飲み会の2次会でキャバクラに連れて行ってくれました

人生初のキャバクラだったのですがとても楽しかった。

お酒が入っていたのもありますが、自分の話をすごい聞いてくれて広げてくれてめちゃくちゃ気持ちよかった

そこからキャバクラやガールズバーに少しハマってしまいました。

ただ上司もそんなに連れて行ってくれるわけでもなく、同期や友人を誘って行くのもなんとなく恥ずかしかったので一人で行くことが多かったです。

月に1,2回、友人や会社の飲み会を終えた後、地元のキャバクラに1時間セットで入るみたいなことをしていました。

一人の方が店も好きに決められるし友人を気にして延長するということも不要なので気楽でした。

1年近くそういうことしているうちに話題の作り方を学んだり、もっと会話がうまくなりたいと思い、雑談がうまくなるための本なども読んだりしていました。

 

でもこの段階では男子校病が快方に向かいつつあり、シラフでもなんとか女性と面向かって話せることができるようになったとかそんなレベルです。女性を口説くとか意味が分かりません。

それでも社会人になりたての頃よりはだいぶマシにはなりました。

そして社会人1,2年目でお金もなかったこともありますが、女の子のドリンクおねだりや営業メールなどを躊躇いもなく無視するメンタルもいつの間にか身につきました。

彼女らもあくまで仕事、金ヅルとして連絡してきているだけ、本気の彼女探しと水商売の子とのコミュニケーションは分けないといけないと悟りました。

ハマりすぎは浪費リスクがあるので気を付けてください。

けれども私にとっては対女性のコミュ障を治すためのきっかけであったことは間違いありません

クラブが僕を衝動的に変えてしまった

キャバクラやガールズバーに少しハマってしまった私ですが、お金はかかるし普通に彼女が欲しかったもののキャバクラの子と付き合うことはまずないことに気づいてしまいました。

そしてなによりキャバクラに以前より刺激を感じなくなっていました。

私はコミュニケーション下手ではありましたが昔から好奇心は旺盛で若い頃は特に常に刺激を求めていました。

そんな時に思いついたのがクラブに行ってみたいでした。

私は元々音楽が好きで、どうせなら趣味が合う子と付き合いたいなと思っていたので、会社の飲み会が終わった後に一人でどこか突撃してみようかなと思いつきました。

学生時代から興味はあったもののなんとなく怖そうで行ったことがなかったのです。

当時の私はどこにどういったクラブがあるのかも知らなかったので、自分が好きそうなロックやテクノ寄りのイベントをネットで探したりしました。

ただググっていると意図せずとも「クラブ お持ち帰り」みたいなワードが目に入ってきてしまう。

そりゃお酒飲みながら男女がワイワイ集まったらそういうこともあるかもしれないけどこんな過激なの?と若干ひいてしまったのですがとても興味が沸いてしまいました。

会社の飲み会が入っているとある金曜日、私は「代官山であるオシャレなクラブイベント」、もしくは「西麻布のいわゆるナンパ箱と呼ばれるチャラいクラブ」、この二択から飲み会終わりのテンションで選ぼうと決めました。

その時の自分の気分で自由に動けるのでいつも通り一人行動です。

そして飲み会が終わり、、私は何の迷いもなく六本木に向かっていました

一人で突撃するにも六本木のクラブなんて未知の世界で怖いし、すでに酔っていましたがコンビニで突撃前にさらにアルコールを入れた記憶があります。

荷物はロッカーに預けて財布は盗まれないように。女の子にはとりあえずお酒を奢っておけばOK

そんな事前に調べた浅い知識で突撃したのですが、想像以上の盛り上がりで自分が知っている曲もかかっているしエロいお姉さんもいるし普通の会社員ぽい子もたくさんいるし、とりあえずテンション上がったのを覚えています。

場に飲み込まれないようにお酒も結構飲んで途中あまり覚えていない感じだったと思うのですが、気づいたら女の子の手を引いて外を歩いていました

どうやって連れ出したのか何を話したのかも正直覚えていないのですが、俺はやり遂げたんだという勢いそのままその子と一夜を過ごしました。

この出来事がその後の自分を大きく変えてしまった気がします。

ちなみに、その時行った私がクラブデビューしたクラブはエーライフというクラブです。

(2022年1月にクローズしてしまいましたが)

出会いの場数を踏んでPDCAを回しまくる

そこから私はほぼ毎週末クラブに通う日々となりました。

音楽好き、お酒好き、女好きがばっちりハマった感じです。

コミュ障なだけで女の子は大好きですからね。

渋谷、六本木、西麻布、代官山、新木場、有名どころはほとんど行ったと思います。

それでも社会人デビューしたての頃とはうって変わりだいぶ改善されましたが口下手なのは相変わらずでした。

しかしこの時にただ漫然と楽しむのではなく、自分を掻き立てる強烈なゴール(お持ち帰り)があり、そのゴールを達成するためにどうアクションするかを必死に考えていたので成長できた気がします。

(この頃は恥ずかしい話ですが、彼女欲しいというより性欲が勝っていた。。)

自分の仕事である営業職に置き換えた時に、どう話しかけて楽しませて自分に興味を持ってもらい、どのようにクロージングするかなど、お酒の力も借りつつも本気でぐるぐる考えてアクションしまくりました。

(今考えると結構アホな感じですが20代半ばの男なんてそんなもんですよね?笑)

こうやって文章にすると結構ひどいですが、コミュニケーション能力がこの時にだいぶ鍛えられたと思います。

ちなみにクラブには怖い場所というイメージがありますが、セキュリティもしっかりしており有名どころに行けばまず身の危険にさらされることはありません

もちろん酔っ払いばかりなので誇れる治安ではありませんし、女性に嫌がられるような絡み方をするとセキュリティに強制退去させられます。

クラブじゃなくてもOK

そしてもちろんクラブというのは誰もが行って楽しいものではないことは理解しています。

同じような悩みを持っていた高校時代の友達をよかれと思ってクラブに連れて行ったら、自分には無理だわと途中で帰られた思い出があります。

クラブじゃなくてもいいです。

今ならマッチングアプリやオフ会、出会いイベントたくさんあるので、まずはお金の続く限り場数を踏みまくって時に恥ずかしい思いはするかもしれないけれど、反省点を次に活かしてトライし続けるというのが大事だと思います。

イベントでもクラブでも失敗したとしても、そのときの女性と今後会うことはまずありません

気にせずトライしてください。

女性と話すのが苦手だった頃は身近な女性がキラキラして見えて、自分の身の回りの世界しか見えていなかったり、一回の合コンに気合を入れすぎたり、すごい視野が狭くて自分に余裕がなかったんですよね。

そういう意味でも出会いを求めている女性ってこんなに大勢いるんだと知ることができて、一段大人にしてくれた気がします。

大人になってからは特に余裕がある男が圧倒的にモテます

ときにはお酒の力を借りるのも手

自分のコミュ障を一時的にでも抑え、饒舌になるためにお酒の力を借りるのもある程度は手です。

職場でもそうですが程よいお酒は潤滑油になると思います。

ただ気持ちよくなりすぎて自分から話しすぎるのはNGです。

男は基本は話を引き出す、聞き役に回るのがモテるコツなので肝に銘じてくださいね。

ただし頭では分かっていても経験や自信のなさから自分からペラペラつまらないことを話してしまうのは自分もそうだったので分かります。

それはやはり実践して身をもって反省するしかないのです。

会社の同期の女の子とかで実践するのは失敗したときのダメージがでかいので、マッチングアプリでもキャバクラでもイベントでもクラブでもいいので第三者の女性と練習しましょう。

そして酔い過ぎて人に迷惑かけたり、最悪の事態として警察のお世話になるのは洒落になりませんので飲みすぎは気を付けてくださいね。

たまに女性を無理やり酔わせてみたいな事件を見ますがあぁいうのは最低な行為ですし人生終了です。

身も蓋もないが、男にモテる男は結局女にもモテる

このように自分からいろいろとアクションしていくと少し広い視野で見れるようになったり、余裕が出てくると気づいたことがありました。

男にモテる男はモテる、たとえば自分の周りで悪口を聞いたことがなく友人の多い男は女性からもモテるということです。

男女関係なく誰に対しても優しかったり、義理堅かったり、軽快なコミュニケーションで楽しませることができる人なので至極当然なのですが、20代中盤になってそのことを改めて再認識しました。

合コンでも単独行動であの子を狙おうという男よりも、皆に楽しんで欲しいと動く男や幹事としてすぐに人を集められる男の方が最終的には結局モテます。(ずるい!けど自分にはそんな能力ない。。)

そのことに気づいてからは女の子と出会いたい!だけではなく、人脈を増やしたり男からも楽しくてまた会いたいと思ってもらえるように心がけるようにしました。

人のつながりが増えることで恋愛も仕事もいろいろなチャンスが増えるのです。

ちょっと説教臭い話になってしまいましたが、会社の同僚、上司、社会人のフットサルサークル、近所のBAR、そういう風に自分の輪を大きくしていくといつか道は開けるはずです。

自分のファンを一人でも増やすことを日々心がけて過ごすと1年後のあなたの人生は大きく変わっているはずです。

年を取ればとるほどさらに焦って失敗しがちになります。

一人行動が好きで異性と目を合わせて話すことすらできなかった私でさえ変わることができました。

自分を変えたいなら今すぐなにか少しでも行動を起こしてみると人生が少しずつ変わっていくはずです。